fc2ブログ
 

第3.16次非核大戦 2 「武川社製 亞-弐伍壱式左義手」

第3.16次非核大戦 2 「武川社製 亞-弐伍壱式左義手」

18世紀後半、第二次産業革命が華やかな表の一面を着飾った

そうした一面の裏では世界各国で戦争が勃発し,それは大日本帝国も例外ではなかった

第二次産業革命はそういった戦争で技術を高めた一面がある

武川元樹の一人息子、宋壱もそうした戦争に徴兵され幾多の国を渡り歩いた




そうしたある日、宋壱は元樹のもとに戻ってきた

元樹は意味もわからずに息子を凝視するとその左腕の肘から下が無い事に気付いた

息子は戦争で左腕を無くし除隊したのだ




一人息子がそうした姿で帰って来た事に元樹は悲しんだ

元樹はエンジニアという形でヨーロッパ各国を渡り歩きさまざまな技術を学んでいた

そうした海外での技術の中で蒸気機関を超小型化・高出力を実現したスチーム機関を元樹は目にした

当時、電気機関も注目を浴びていたがその大きさと重量に実用化は程遠い存在だった




そうして息子の為に作った義手が「亞-弐伍壱式左義手」である

超小型・高出力スチーム機関を動力にしたスチーム機械式義手である




第3.16次非核大戦 2 「武川社製 亞-弐伍壱式左義手」






左腕を失った宋壱は国内で反戦活動に勤しんだ

だが国内の反戦活動は反逆扱いを受け思うように活動できない

宋壱はその義手を付け海外に逃亡し活動を続ける



義手は産業革命によって生み出された

だがその技術の土台となったのは左腕を無くした戦争でもあると






 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索