fc2ブログ
 

狐小僧 beginning

狐小僧 beginning

指先に針を刺し一滴の赤い雫と痛みを闇の中に垂らした 赤い雫は漆黒に飲み込まれ渦を巻きながら沈んでいった そう、血を流してもそれは闇に飲まれ更に黒が助長されるのだ 眠れない日が続く 一日の睡眠時間は二時間くらいか それが一か月を過ぎようとしている 何故眠れないのか・・・ それは悪夢を見るのが怖いからだ 油断して一度眠りにつき悪夢の中に放り込まれると それは己を恐怖と暴力と快楽に墜としこまれる 黒に染まりゆく自身を俯瞰で見ている その己の顔は快楽に満ちているのだ そして自我を失う 油断するんじゃない・・・ 眠りについたらお終いだ トランキライザーを飲もうが防げない 眠りは恐怖でしかないのだ 朧げな足取りで夜を徘徊する 眠らないようにと だが夜の闇は悪夢の中とそう変わりない事を知る 吹き溜まりには憎悪がたまり ポツンと灯る窓越しからは悲痛な叫びが聞こえ ところどころにあるか細い明りには嫉妬の偶像が蠢く 夜空を見上げた 月明かりは全ての本質を映し出す 自分の掌を月明かりに照らす 血脈が浮き彫りになり薄汚い血が巡っていた 足元を見る 月は心を投影し影を作る その影の中に・・・ 仮面が転がっていた その仮面はあざけ嗤うようにこちらを見ていた その仮面を手に取る 手に取った瞬間、この世の矛盾が体に流れ込んできた 身体が痺れ跪く この世は悍ましい 奇麗事だけではすまされない この俺が・・・ この俺だけが その矛盾を浄化させられるのだ 「さぁ、今宵も・・・」 「全てが白になる世界に近づけるように・・・」 「仮面を被ろう」



狐小僧 beginning







 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
竹ノ中差出箱  ←竹ノ中差出箱 【2022年10月】の更新記事一覧  
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索