fc2ブログ
 

shadow man 稲垣 露伴の事

shadow man 稲垣 露伴の事

「稲垣 露伴先生・・・なぜ銀座に来られたんですか?」

「地球物理学者の視点で見ると面白い場所なんですか?」

「それとも稲垣 露伴先生の趣味の一つの都市伝説を探りに来たんですか?」




門脇君、君はなんで私に付きまとうんだ

というか門脇君、私をフルネームで呼ぶのはやめてくれないか

もう君は帰れ

帰って私の与えた課題をせっせとこなせ

今の時点で提出日を一日縮める事にする




「それはないですよ!!露伴先生!!」

「その課題だって滅茶苦茶じゃないですか~」

「私には無理な課題です!!」




だから私なんかに付き合わずその課題を紐解く

それが君に任された使命なんだよ

こんな所に私と居る場合じゃないよ、君




「わかりました・・・じゃあ帰ります」




おっと!!君!!

あのお店のジェラードを買ってきてくれないか

何味かは君が選ぶんだ

私の好みであれば課題の提出期限を二日伸ばしてやろう




「先生買ってきました~!!」

ん~

微妙だから現状のままだな

「そんな~ 本当はストライクゾーンに入っているでしょう」

私のストライクゾーンは針の穴よりも狭い

君はまだまだ甘いな

さあ、君は帰って課題をやりなさい

「分かりました」




このジェラード・・・なんて美味しいんだ!!

今まで食べたアイスの中でベスト5には入るな

でも、この値段ならこれくらいのものは作れて当然

おいしいアイスベスト5からは除外しよう




君~!!壁越しに見ているのはやめろ!!

「先生!!美味しそうにアイス食べてるじゃないですか~!!」




んっ!!・・・

他に何か視線を一瞬感じたが・・・

雑踏の中ではこれ以上は感じ取れないか

方向的にはこっちか




ほほう~!!銀座という街は面白い

対極という事はこういう事なんだな

銀座という場所、人から見れば白の世界

そこにポツンと黒いシミが出来ている

人は大局を見、それが全てだと感じ、この街の全ての物が白だと思い金をこの地に落とす

金を落とす事で己はこの街の白に染まったんだと勘違いをする

大金を叩いて買った物が至高の物だと

本当は金を落とした時点で黒いシミが出来ている事に気付かない

白に限りなく近いが本当はグレーだという事を知らないし知ろうとも思わない

この街の潔癖な下品のなさはそこからくるのだろう





shadow man 稲垣 露伴の事



こんな所にきっと奴はいるんだろうな

都市伝説は伝説に過ぎないが・・・

shadow manは違う

私の妹を・・・詩織を

喰らいつくした

詩織の影から私は違う何者かの影を見た

奴は存在する

無垢の白の心に寄生する

白の世界だからこそ・・・己の存在を維持できる

白が黒に染まる有様を強かなな目で眺め微笑む

そして黒に染まりきらない黒を維持し闇を頬張る

shadow manはすぐ傍にいる






つづく・・・






 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索