fc2ブログ
 

生きるという事・・・

生きるという事・・・

生きるという事・・・

時間が満たされているものほど終着点を曖昧なものとして考える・・・

その終着点というのはもちろん「死」であるのだぞ

人というものは自らの死を成せる生き物

それがどういうものかを分かっているのか

われらは常にその終着点と隣り合わせ

それは人という生き物には分らんだろう

生きるという事はそういうものなのだぞ

「ぬし達は甘いな」と視線で言っているように感じた

--------------------------------------------------------------------------------------------

私は鬱病になって、酷い時は朝起きてまず考えることは自ら迎え入れる「死」であった

その呪縛から抜け出せなく空回りをする人生を何年間費やしただろう

第三者から言わせれば、そんな考えはナンセンスだという答えが返ってくるだろう

しかし心を病んだものにしてみればそれがリアルであり、一歩踏み込めばそれが最終地点になる

人という生き物になったからこその自然淘汰・呪縛・・・

心というものはとても脆い

アスリートが挫折しながらも高みを極める

それとは別次元だと思う

逆を言えばそのことに対し傷を負う

そういう人種もいる

私などはそういう人種なのかもしれない

その行動に「逃げている」という言葉は似合わない

そういう事なのだ・・・

--------------------------------------------------------------------------------------------

そして今回の心臓疾患

過呼吸になり本当に危ないと思った

でもこれで終わりでもいいという気持ちもあった

しかし残された母の事を考える

母を残して・・・

認知症になり全てが浮世離れした思考

そんな母でも根底にあるのは母としての存在

その単純な答えで私は救われた

--------------------------------------------------------------------------------------------

2022/1/13に精密検査を受けた

正常に戻りつつあるとのことで、来週から働きに出ていいという許可が出た

その為に薬の量が若干増えた

だが今の薬で体が安定していれば私にとっては些細な事

いつもの毎日が戻る嬉しさに比べれば

私は仕事に関しては無理をしがちだが、もうそういう歳でもなくなったんだなと思う

若い者にバトンを渡してもいい歳が近くなってきているのだから

これからは見守る器を広げようと努力しようと思う

ご心配をしていただいた方々、有難うございました







 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索