fc2ブログ
 

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」

写真の表現は人それぞれ拘りがあるだろう。
ノーレタッチを貫く方もいれば、デジタルだからこその加工合成を基本とする人、モノクロ表現に拘りがある人、ハイコントラストなどなど・・・
その中の一部にHDRが好きでこだわっている方々が少数ながらいる。
私もその中の一人だ。
HDRに憑りつかれたのは約10年前。
その当時のHDRソフトは数少なく悩んだことがある。
私の頭の中のイメージと当時のHDRソフトが作り出す絵に違和感があった。
なので暫くHDRは封印していた。

暫くするとnikから「Color Efex」というソフトに出会い、そのソフトの中に「トナーコントラスト」というフィルターがあった。
そのフィルターを使うとHDR風に仕上がる。
トナーコントラストは細かな調整もでき、私の思い描いていたHDRが見事に再現できた。
でもこれは一枚の写真からHDR風に仕上がるというもので、納得のいかない部分もあってモヤモヤとしていた。
本来、HDRはオートブラケットで撮影し、それを重ねてハイダイナミックレンジの写真ができる。
トーンコントラストを使った場合一枚の写真から無理やり白飛びや潰れの中からデーターを引き上げるような感じがする。
それにその事でノイズが生じる。

納得がいかない中、Aurora HDRに出会う。
もうこのソフトを使った瞬間「これだ!!」とテンションが上がる。
オートブランケットで撮った写真を重ねた時の自然なHDR処理。
そして、まさにHDRという作風まで細かな調整ができる。

私がAurora HDRを説明するよりはAurora HDRのサイトを見たほうが、本来の実力が分かりやすいだろう(苦笑

こちらがそのサイト

では実際にどうなるか・・・
その実力に見合う写真がないが取り合えず昼間の工場の光景をオートブランケットで撮影。

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」3

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」2

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」4




そしてAurora HDRの作業画面

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」1

この細かな調整機能で私の中のHDRのイメージが再現される。

私的なHDRは実写とコテコテHDRの境目辺りが好きだったりする。
昔のHDRソフトはコテコテ過ぎたのだ(苦笑

本来のHDRは夜景でこそ発揮されると思うが、多忙な為、夜景撮影ができない。
その少ない夜景の中でAurora HDRで仕上げた写真がこちら。

私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」5


私が使っている写真編集ソフト「Aurora HDR」6

空に雲がモクモク出ていればなと思ってしまう(苦笑

以前はAurora HDRの無料体験ができた様な気がしたが、今は見当たらないのが残念だ。








 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索