fc2ブログ
 

認知症の母と俺 7 ショートステイを利用した経緯

認知症の母と俺 7 ショートステイを利用した経緯

この記事は以前のブログで2018.09.20に書いたもの・・・


-----------------------------------------------------------------------------------------------



認知症の母と俺 7 ショートステイを利用した経緯




ショートステイを利用する前はデイサービスに週三で利用していた。

デイサービスを利用している頃は母の認知症の症状もまだ軽く自己管理が出来た。
母はデイサービスに行く事に対し、初めは拒否反応をしていたが、行き始めると楽しくなった様だ。
これなら順調に事が運ぶと安心をしていた時に事は起こった。

俺が自宅に居る時、夜中に叔父から電話があった。
母が夜間徘徊をして、道端で倒れていた、と・・・
幸いにも、知り合いがそれを発見し、救急車で病院に運ばれた。
転倒した際に顔の左半分を強打し、腫れ上がっていたが、入院せずに実家に帰って来た。
俺は次の日に電車で実家に向かう。
母はショックだったのかグッタリしていた。

この事でケアマネと話し合う。
ケアマネはショートステイを利用する事を勧めた。
ショートステイとは一時的に宿泊出来るサービスだ。

それから近所で利用できるショートステイをリストアップし見学をし、施設の雰囲気や対応や金銭的な事を考慮しながら施設を探す事になる。
色々見て歩き、今、利用しているショートステイに決める事にした。

ケアマネに連絡をし、ショートステイの代表者と話を進め、書類等、手続きをした。

そうこうしている内に母も気持ちが落ち着き、母にショートステイを利用する事を説得する。
母はあまり乗る気では無かったが、今回の夜間徘徊の事、夜まで監視するのは物理的に無理な事、俺自身の生活がある事などを強調し説得した。

母方の兄妹にも説明をしたがあまりいい顔をしなかった。
理由は多々あったが、これしか対応出来ないと言い切った。
今でも母方の兄妹はショートステイが何たるかを余り理解していない様だ。
口だけを挟んでくるのだ。
かと言って、兄妹が介護の手助けや援助をする事はない。
それに対し俺はイライラするだけだった。
きっと自分自身で介護をし、大変さを知らなければ理解はしないのだろう。

ショートステイから迎えが来た。
母の顔は曇っていたがどうにか送り出した。
宿泊は週五日のロングショートになる。
俺は母がショートステイに行ったのを確認し、自宅に帰る。
宿泊してる間、どうしているか、馴染んでいるか、など不安が常によぎる。

ショートステイを選び手続き等をし実家に滞在した期間は丁度、半月間だった。
その間、仕事を休んでいた。
自宅に帰りどっと疲れが出た。
さぁ、明日から仕事をしなければ・・・.
気持ちも体も重さに耐えれなかった。



-----------------------------------------------------------------------------------------------

この過去の記事を読んで今思う事

私はその当時、認知症介護をまだまだ甘く見ていた

認知症は時間と共に進むもの

それを理解できないでいた

その結果がこの事態である

ロングショートステイを選択したわけだが、週末は母が実家に帰ってくる

金曜日は仕事を半日で切り上げ、実家に夕方には到着し母を迎える

月曜の朝、母をショートステイに送り出し、その後職場に向かい仕事をする

その間は母を介護するわけだ

食事・洗濯・下の世話・親戚の付き合い・・・やる事が多すぎる

認知症なので私の言う事通り母は動かない

この時のストレスはかなりのものだった

私の時間などは存在しない時期だった

でも、矢張り母は実家に着くとホッとした顔になる

やはり宿泊をするという事は負担になるのだろう

その母の顔を見ると申し訳ないという気持ちにさいなわれる

そんな気持ちの錯誤はあるが、私にはロングショートステイに預けるという選択肢があった

在宅介護をしている方々に比べればまだ私は恵まれているのだといつも思っていた






 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索