fc2ブログ
 

第3.16次非核大戦 3 「アスクレーピオス社製義眼A-8642-eye」

第3.16次非核大戦 3 「アスクレーピオス社製義眼A-8642-eye」

第3.16次非核大戦では核は使われなかったものの化学兵器やウィルス兵器が銃の引き金を引くよりも軽く大量に使われた

化学兵器は自然分解する事なく自然の循環システムを狂わせた

ウィルス兵器はさらなる変化を遂げウィルスが一人歩きをし始めた

その状況は戦後10数年たった今も続いている





硫黄の臭いを纏った白濁した雨と濃酸性霧は人々の皮膚や呼吸器系や眼に障害を残す

それに変異したウィルスが拍車をかける

人の寿命はことごとく低下している





特に切実となっているのは眼だった

視力がなくなれば生活がことごとく困難になる

そこで武川財団は視力を回復するべく高性能の義眼を作る意向をアスクレーピオス社に伝え援助資金を提供した

光学メーカーと共同開発したものでその性能はかなりのものだった




第3.16次非核大戦 3 「アスクレーピオス社製義眼A-8642-eye」





この技術自体はAI無人兵器のセンサー開発によって生み出されたものである

その技術をフィードバックしたものなのだ





開発者たちは武川財団初代設立者 武川 宋壱 の残した言葉が開発陣の頭の中をよぎる

「産業革命によって生み出される技術は人の新たな道筋になる」

「だがその技術の土台となったのは人が巻き起こす愚かな戦争でもある」

と・・・






 にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索